FC2ブログ

ながさきプレス7月号137ページ最下段右側

きのう(おととい?)発売されたながさきプレス7月号に、7月19日に行なわれる「犬と猫と人間と」ながさき自主上映会の記事を載せていただきました。

DSCF3863 
定価350円/書店・コンビニ等にて販売

DSCF3849 
後ろの方の「イベント&アート」のコーナーです。

DSCF3861

……ということで、この映画は2009年につくられた独立系映画として1番だよ! という評価ももらっているのですね(詳しくは、おおさかシネマフェスティバル2010公式サイト-ベストテンをご覧ください)。

「いぬとねこに関するドキュメンタリー映画」だ、というのはもちろんそうなのですけれど、内容もさることながら、「映画」というひとつの芸術ジャンルとして見た場合にも、きちんとしたレベルをクリアしている、ということのひとつの証でもあります。

そんなわけで、できれば「映画好き」のひとにも観てほしいです。この手の映画を長崎(長崎市)で上映するところは「長崎セントラル劇場」に限られると言ってよいと思いますが、長崎セントラルに通うような「映画通」の方がどう評価するのか、ちょっと訊いてみたい気もします(……長崎に来て映画を観なくなったなあ)。


「犬と猫と人間と」ながさき自主上映会
日程:2010年7月19日(月/祝)
 
場所:長崎市立図書館 1F 多目的ホール
(長崎市興善町1-1 | アクセス・地図はこちら
 
上映開始時刻:1回目=14:00 2回目=17:30
それぞれ30分前から入場開始、自由席になります / 上映時間はほぼ2時間です / 上映開始後の入退場はご遠慮下さい
 
料金:当日800円・前売600円(前売券の郵送を希望される場合は郵送料込みで700円)
店頭販売ネット販売対面販売をご利用ください
主催:R&G 長崎の保健所の命を救う会
共催:長崎猫の会
協力:長崎 Life of Animal・オフィスさるねこ ほか
お問い合わせ:オフィスさるねこ TEL: 080-2080-0581
映画『犬と猫と人間と』オフィシャルサイトはこちら
ストーリー | コメント
関連記事

Comment


非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
カンナ は 2017年2月7日に亡くなりました(享年11歳5ヶ月9日=人間なら61歳くらい/2005年8月29日生まれ)
ブログ最新記事
ブログ内検索
RSS Links
関連リンク
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ