FC2ブログ

K町・F町のねこ(3):酒屋さんのねこ

K町の酒屋さんにいるねこさんたちに会ってきました。3度目の正直。

 

K-r28481

これまで2度とも登場していたこのキジシロくんは、べたくん。酒屋さんのねこではないけれど、一番よく出入りしてごはんをもらっているイクメンねこさん。

 

K-r28458

べたくんに育てられたのは、このグレーキジのちょきくん。このあとものすごい勢いでお店の隅へダッシュして逃げていきました。ビビリさんのその性格から、「血統書付きのノラ」と呼ばれていました。

 

K-r28472

こちらもグレーキジのぱこくん。ちょきくん同様、この酒屋さんの周りにいたのを飼うようになりました。

 

K-r28489

ふさふさグレーキジのぐーくんは、おっとり人好き。

 

K-r28500

抱っこして写真を撮ってみた。

 

K-r28503

こっちの方がイメージ近いかも。

 

K-r28520

頭をなでられ「なにすんだよー」。

 

K-r28469

家の中にいたのはみみちゃん(シロクロトビ)。酒屋さんのところにやってきてすぐに逃げ出してしまい、19日間探し回って奇跡的にみつかったそうです。そのときにおまじないに使ったのがこちらの色紙。

 

K-r28454

いなくなってしまったねこを返すためのおまじないでよく知られている「いなば山」の歌をしたためてそれを掲げたらすぐ戻ってきたそうです。

 

いなば山の歌……小倉百人一首第十六番「立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む」(中納言行平)のことで、以前このブログでもご紹介した『猫の民俗学』によると、ほぼ全国的にこの風習についての採集記録があります(同書207~210ページ)。また、そこでも触れられていますが、内田百閒『ノラや』でも、百閒の愛猫ノラが行方不明になったのを戻すまじないがいくつも紹介されていますね。そのうち記事にしてみたいと思います。

 

ということで、酒屋さんのところのねこは、今は全部で5匹です。つい最近、それまで面倒を見ていたねこたちが亡くなって、すっかりねこたちが入れ替わったそうです。

 

あと、このきれいなシロクロさんは、らぶちゃんという名前だということがわかりました。

K-r28432

 

ちょうどお店の前にさしかかってお話を伺いだしたところに夕立が来て、結局1時間以上もお邪魔してしまいました。

関連記事

テーマ :
ジャンル : ペット

Comment


非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
カンナ は 2017年2月7日に亡くなりました(享年11歳5ヶ月9日=人間なら61歳くらい/2005年8月29日生まれ)
ブログ最新記事
ブログ内検索
RSS Links
関連リンク
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ