FC2ブログ

公園のねこさんと「平和祈念像」

K-r36303-001

平和祈念像の前で、観光客の方たちから向けられるカメラの緊張感に堪えられず、脱兎の如く(?)逃げるチャトラさんを遠くから目撃。観光客の方たちは、写真が撮れずにちょっと残念そうだった。

 

K-r36305-001

ベンチにはひとり蹲るチャシロさん

 

K-r36306-001

「こんちは」

 

K-r36310-001

「ずいぶん寄ってくるね、あんた」

 

K-r36321-001

「ちょっと、寄りすぎじゃね?」

 

K-r36325-001

チャシロさんの肩越しに平和祈念像をのぞく

 

K-r36326-001

「平和祈念像?」

 

K-r36334-001

「平和祈念像ねえ……」

 

 

3月3日に閉店となるカフェ豆ちゃんのツイートを読んでいたら、いろいろと気になることが書かれていたので、ぼちぼち調べているところです。とりあえず Wikipediaの「平和祈念像」を読むだけでも、なんだかいろいろと叩くとホコリが出そうなことばっか書かれていたりして。その記述を鵜呑みにするのはどうかと思うけど、だからといって手放しで褒めたり、あえて触れずに済ませるのも、何だか違うような気がします。

テーマ : 野良猫・地域猫
ジャンル : ペット

久しぶり

IMG_3531-001

ランタン一色のながさきのまちの中で、さすがにここだけはいつもどおりのたたずまい。

 

IMG_3532-001

おや、久しぶりだね。前に逢ったこと、あるよね。と、近づいていったら、

 

IMG_3535-001

ちょっと緊張したのか居住まいを正すトビキジさんでした。

テーマ : 野良猫・地域猫
ジャンル : ペット

スプリング・ハズ・カム(1)

K-r04492

毎年今ごろの時期になるとそうですが、まちねこたちが発情期に入ったようです。さるねこ父がいつも見ている場所では、1月末ごろから、コロンコロンと転げ回ったり大きな声でアオンアオンと鳴くメスねこや、それを追いかけ回すオスねこたちの姿をあちこちでみかけるようになりました。オスねこの行動範囲が広がるため、いつもは見かけない顔のねこを観察することも増えてきています。

 

竜くん近況の記事で子ねこの性成熟と不妊化時期について書きましたが、昨年春に生まれたまちねこ子ねこたちは、1歳にならない今ごろから最初の発情期を迎えることになります。個体としてみた場合メスねこは明確な発情期間が1/2~1週間程度存在し(それ以外の期間は、基本的にオスねこを受け入れようとはしません)、群れとしてみた場合はだいたい今ごろから約1ヶ月間が春の発情ピーク期になります(長崎の場合)。ちなみに、オスねこは、性成熟に達したのちはいつでも発情可能です(メスの発情に誘発されて発情する)。

 

メスねこの妊娠期間は65日ですので、だいたい4月いっぱいが春の子ねこの出産ラッシュとなり、生まれてから1ヶ月足らずで歩き始めた子ねこがちょろちょろし始めるのがGWごろからとなります(長崎の場合)。同じころ、群れの初夏の発情ピーク期が始まり、7月末から8月にかけてが夏の子ねこの出現ピークとなります。

さらに、10月ごろにもういちど小さなピークがあり(逆算すると7月ごろの発情)、またこのほかの時期に単発的に発情を迎えるメスねこもいるため、数に増減はありますが一年中子ねこは生まれています。

テーマ : 野良猫・地域猫
ジャンル : ペット

ふみ写真

Olympus E-PL3 に単焦点をつけて、ふみを撮ってみました。シャッタースピードと絞りは固定、ISOはカメラ任せで可変です。

 

PEN00998

PEN00998.JPG | E-PL3 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. | ss=1/40s f/4.5 ISO:250

 

PEN01001

PEN01001.JPG | E-PL3 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. | ss=1/100s f/2.5 ISO:320

 

PEN01002

PEN01002.JPG | E-PL3 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. | ss=1/100s f/2.5 ISO:200

 

PEN01003

PEN01003.JPG | E-PL3 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. | ss=1/100s f/2.5 ISO:200

 

PEN01005

PEN01005.JPG | E-PL3 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. | ss=1/60s f/2.8 ISO:400

 

E-PL3 はカメラ任せにすると、少し露出オーバー目に振れることが多いです。そのせいか、Pモード(全部カメラにお任せモード)だと、ISOを上げすぎて画がざらっとした感じになってしまいますが、それを踏まえておけば、小さいのによく撮れるミラーレス一眼だと思います。ISOオート設定で上限値を3200くらいに抑えておくのがよい気がします。

昨年10月に後継機のE-PL5が出たので、標準ズームキットで2万円台後半、ダブルズームキットで3万円台前半という、信じがたい値段で売ってます(ちなみに、上のふみすけ写真を撮るのに使った単焦点レンズが3万円台前半くらい)。中級クラスのコンデジと値段が変わらないので、「今のコンデジはもう3~4年使っていて、次に買うカメラは、ちょっといいのがほしいなあ」と思っているケースで、カメラが好きなら、選択肢の一つにしていいんじゃないかしらん。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

iPhone5のカメラ(5):B町のねこさん(4)

2013-01-31 22.43.08

2012年8月ごろから見かけるようになったシロクロ長しっぽの子ねこ。たぶん2012年6月後半生まれです。撮影時刻は22時過ぎ、奥に見えている建物のところに街灯が1つあるのは、この子の長い影でわかると思います。かなり暗い条件です。

SS:1/15s、f/2.4、ISO:3200。ISO3200はiPhone5のカメラの上限感度です。クリックして拡大するとわかりますが、盛大に偽色のざらつきがでています。

 

2013-01-31-22.43.08-2

Photoshopを使ってそれなりに修正してみました(彩度を下げて、その分露出=明るさを上げた)。ねこの柄の大まかな特徴や顔立ち、しっぽのようすなどは、十分わかるレベルになりました。

テーマ : iphone photo
ジャンル : 写真

iPhone5のカメラ(3)

今カンナが一番エキサイトするおもちゃの組み合わせで遊んでいるところを、iPhone5で動画撮影してみました。

 

テーマ : iphone photo
ジャンル : 写真

iPhone5のカメラ(2)

実家にいる間に、ちょうど母が誕生日だったので、買って帰ったデザートを撮ってみました。縮小かけた以外は無修正です。光源は電灯色の電球型蛍光灯で、十分な光量があります。

 

2013-01-25 21.14.23

 

2013-01-25 21.14.45

 

2013-01-25 21.15.11

けっこううまそうに撮れますね。

 

2013-01-25 21.13.51

手前にピントを合わせると、奥はそこそこボケます。

テーマ : iphone photo
ジャンル : 写真

iPhone5のカメラ(1)

外に出てねこ撮りしてみました。3264x2448→800x600の縮小をかけたほかは無修正。

 

IMG_3295

クリックすると拡大します。ホワイトバランスが微妙なのと、露出がややオーバー気味なところはありますが、こんだけ撮れれば普通のコンデジ並みに使えます。800万画素あるので、ある程度トリミングしても解像度は保てますし、色味もいじりやすいです。exif情報によれば、SS=1/40、f/2.4、ISO64、焦点距離4.1mm(35mm換算33mm)ですが、f値と焦点距離はどの写真でも同じで、固定です。

 

IMG_3297

ケータイやスマホのカメラは、ズーム機能を使っても、実際にレンズが動いてズーミングされるわけではなく、電子的に拡大しているだけです(コンデジでズームを使うとレンズが動いているのが外からわかりますが、ケータイ・スマホでそれはない)。

したがって、ケータイ・スマホを使う場合、ズームで寄れば寄るほど、写真は汚くなります。ので、こちらの写真はズームをかけたのではなく、ねこさんに物理的に近づいて撮影したものです。「なんだよ」って顔しつつも逃げないでいてくれたねこさん、ありがとう。腰のあたりに小さな雑草の種がぽちぽち付いているのもはっきりわかりますね。大したもんだと思います。

 

十分な明るさのある屋外で、電子ズームを使わずに写真を撮る場合は、iPhone5 があればコンデジはいらないな、というのがさるねこ父の感想です。室内で動きの速い子ねこを撮るとか、雰囲気のある=照明を落とした店内で料理の写真を撮るとかだと、また別の結果になると思いますが、ぼちぼち試していこうと思います。

テーマ : iphone photo
ジャンル : 写真

B町のねこさん(3)

前回は6月27日ですから半年ぶりの記事です。そのとき載せた「サビ長しっぽ」「真ん中分けブチ」「ちゃしろん」「母サビ」「タンゴ3」「ちびキジ中しっぽ」「ふわふわ小」「藤白」のうち、「真ん中分けブチ」は10月1日、「ちゃしろん」は8月8日、「藤白」は7月21日を最後に姿を見せなくなりました。「真ん中分けブチ」「ちゃしろん」はそれまでほとんど毎日のように見かけた子だったので、おそらくもう亡くなっていると思います。思い当たる節としては「真ん中分けブチ」は内臓系の病気、「ちゃしろん」は工事中の事故に巻き込まれた可能性が高いです。「藤白」も夏にかなりやつれていたので、同じく病気で亡くなっているかもしれません。

 

K-r35617

「母サビ」は、以前はわりと人に近寄るタイプでしたが、2ヶ月ほど前から警戒心の強い性格になりました。なにか人にされたのかもしれません。

 

K-r35634

「タンゴ3」は冬毛でふっくらしています。

 

K-r35613

「ちびキジ中しっぽ」は大きくなって「キジ中しっぽ」という名前に呼び替えました。すっかり大柄で、ほかのねこを押しのけるような強い性格に変わっています。ビビリだった面影はまるでない。

 

K-r35671

「ふわふわ小」は、少し冬毛になりましたが、相変わらずぺっそりしています。この夏くらいからやや痴呆が混じってきたかな? という気がしていますが、どうだろうな。

 

K-r35543

「ぴょんぴょん丸」は2010年秋生まれで、子ねこの頃、草むらをぴょんこぴょんこ飛び跳ねて歩いていたのでその名を付けました。ストーカーねこです。

 

K-r35572

「ぴょんぴょん丸」と一緒にいるのは「タンゴ4」。体は大柄ですが、ビビリです。

 

K-r35586

2012年夏生まれの三毛3姉妹のうちの1匹、「ポチ」。首の後ろにポチッと茶色いもようがあります。

 

K-r35577

「ポチ」はきれいな長しっぽ。

 

K-r35599

灌木に紛れてますが、三毛3姉妹の「ダンダラ」。脇腹のもようが、ちょうど歌舞伎の幕のようにだんだらになっています。

 

K-r35639

三毛3姉妹の「肩茶丸」は、左肩に大きな茶色い丸もようがあります。最近ちょっと風邪気味で、また皮膚炎気味なのが気になる。

 

K-r35640

「肩茶丸」は太めの長しっぽ。

 

K-r35645

「母キジ細長しっぽ」。たぶん2~3歳のはずです。顔に似合わず、ややだみ声で人を呼びます。

 

K-r35628

最後は「サビ長しっぽカギ」。けっこう気が強いですが、人間は怖がります。

 

 

今年は、大規模な建て替え工事がずっと続いていたこともあってか、行方不明になる成ねこが多い年でした。1年分の観察記録をまとめると、かなり憂鬱な気分になりそうです。よく「外ねこの寿命は平均5~6年」などと言われますが、「5~6年生きれば長い方」じゃないかな、と個人的には感じます

テーマ : 野良猫・地域猫
ジャンル : ペット

寄り添うと暖かい

IMG_3058

長毛サビのおばあちゃんねこに、この夏生まれのちび三毛が乗っかって、暖をとる。

 

IMG_3063

「おばあちゃん、あったかいです」

 

IMG_3066

反対側からみるとこんな感じ。

 

今日の長崎の日中の気温は7度ほど。北国の方からすれば笑われるかもしれませんが、長崎的には底冷えのする一日でした。ちょっとでも暖かい日が待ち遠しい。

テーマ : 野良猫・地域猫
ジャンル : ペット

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
カンナ は 2017年2月7日に亡くなりました(享年11歳5ヶ月9日=人間なら61歳くらい/2005年8月29日生まれ)
ブログ最新記事
ブログ内検索
RSS Links
関連リンク
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ